バイアクグラのジェネリックの価格は正規の3割から半額程度に!

バイアクグラ

バイアクグラ
LINEで送る
Pocket

バイアクグラはED(勃起不全)を治療する薬になります。バイアクグラを服用して勃起改善し快適な性生活を送れると考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし実際次のような悩みを抱えている人がいるかもしれません。
「バイアクグラの価格が高くて負担がかかる・・・」
「バイアクグラのジェネリックはどれくらいの価格なのだろう?」
「バイアクグラのジェネリックの効果や副作用はどうなのだろう?」
「海外のバイアクグラのジェネリックって大丈夫なのだろうか?」

そこでこの記事では以下のような内容について説明していきます。
・バイアクグラのジェネリックが低下の3割〜半額程度
・バイアクグラはED治療薬で唯一承認されたジェネリック
・バイアクグラのジェネリックでの効果・副作用は正規とほぼ同じ
・300円で購入できるバイアクグラのジェネリック
・バイアクグラのジェネリックを通販・病院で購入するメリット・デメリット

この記事を読めば、バイアクグラのジェネリックの価格相場やジェネリックについて詳しく知ることができるのです。さらにバイアクグラの効果や副作用についても知ることができます。

病院で購入する際のバイアクグラのジェネリックは正規の3割から半額程度に!

バイアクグラは自由診療なので保険がききません。そのため費用がかかるという事がありますが、最近ジェネリックが出てきました。バイアクグラのジェネリックの価格について解説です。

正規品のバイアクグラは、アメリカのファイザー株式会社から出ていましたが、特許が切れた2014年以降に世界各国でジェネリックを開発・販売しはじめました。

日本でも複数の会社からジェネリックが販売されています。正規品・ジェネリックを病院やクリニックで購入する際の価格は以下の通りです。

・バイアクグラ正規品 1錠 25㎎ 1,300円〜1,800円
50㎎ 1,800円〜2,200円
ジェネリック 1錠 25㎎ 440円〜700円
50㎎ 900円〜1,200円
・初診料           0円〜3,000円
・再診料           0円〜1,500円

25㎎のバイアクグラはジェネリックが正規品の3割から4割程度の価格に、50㎎のバイアクグラは、半額程度になっていることが分かります。

特許の切れた後に開発されたジェネリックの方がかなり安くなっていることが分かるのです。

バイアクグラの正規品を開発したファイザー社は、価格を今後見直すかどうかについては、「ジェネリックがまだ出始めたばかりなので、今後、ジェネリックの採用状況や販売価格などについて注視する」ということを言っています。

価格に幅がある理由は、病院の裁量によって決められているから

バイアクグラの価格に幅があるのは、バイアクグラが自由診療で保険がきかないため、医療機関ごとの裁量により価格が決められているためです。

初診料や再診料にも幅があるのも同じ理由によります。そして初診料や再診料を治療費の中に含めるかも病院やクリニックによって違うのです。

そしてバイアクグラを処方してもらうには医師の診察を受ける必要があります。その時にかかる診察料も、病院やクリニックによって変わってきます。処方されるバイアクグラも50㎎しか扱っていないところや、フィルム形式の「ODフィルム」を処方しているところなど幅広くあるのです。

通販で購入する際の正規品とジェネリックの価格の違い

価格の違いは次のようになります。

・バイアクグラ 正規品1錠 25㎎ 1,000円〜1,500円
50㎎ 1,300円〜1,800円
ジェネリック1錠 25㎎ 450円〜700円
50㎎ 750円〜1,100円
・初診料・再診料        0〜1,000円

通販では1錠単位で購入することができないため、購入価格を数量で割った場合の価格です。購入数量が多い程安くなってきます。

正規品とジェネリックの価格を比べると、25㎎の場合には半額程度に、50㎎の場合にはジェネリックが正規品の6割程度です。病院やクリニックで購入する際よりは、もともと低価格な通販ではジェネリックによる割引は少なくなっています。

通販でバイアクグラのジェネリックを購入する際、偽造薬に注意!

バイアクグラのジェネリックは通販で購入すると価格が安く手に入れることができるのです。しかし通販でバイアクグラのジェネリックを購入する際に、注意する点がいくつかあります。
通販でバイアクグラのジェネリックを購入する際に一番気を付けるべきことは、偽造薬を手にすることです。大手製薬会社4社の調査によれば、通販の4割は偽造薬であることが分かっています。偽造薬は、効果のある成分を十分に含んでいないため飲んでも勃起できなかったり、重篤な健康被害が出るものまであるのです。

通販でバイアクグラのジェネリックを購入する際は、未認可の薬を安易に購入しないようにしましょう。

続いての通販でバイアクグラのジェネリックを購入する際の注意点は、偽造薬により健康被害が出た場合に助けてもらえる制度が無いのです。通常、正規の医療機関から正しい服用方法をしたにもかかわらず健康被害が出た場合には、医療費や年金が出る「医薬品副作用被害救済制度」というものが適応されます。

通販で個人的に購入した場合には、この制度が適応されないのです。

バイアクグラのジェネリックを購入したい場合には、通販で個人的に購入するのではなく、医療機関の診察をしっかりと受けて処方してもらうのがおすすめになります。

バイアクグラのジェネリックを購入

バイアクグラはED治療薬で唯一厚生労働省により承認されたジェネリック!

バイアクグラ以外他のED治療薬の中にも特許が切れた薬もありますが、国内でジェネリックに認められた薬は一つもありません。

海外ではその他のED治療薬もジェネリックのものが販売されていますが、国内では未承認なので扱うべきではないのです。

バイアクグラのジェネリックは同じ効果を得られるように開発されていますが、正規品と全く同じものではありません。では、バイアクグラの正規品とジェネリックの効果・副作用というのは違うのでしょうか。次の章で見ていきましょう。

バイアクグラのジェネリックでも効果・副作用はほぼ同じ!

厚生労働省とメーカーは、バイアクグラのジェネリックについて「効果有効性の試験」をしています。その結果、統計学的に見てほとんど効果・副作用に差が無いことが分っているのです。

バイアクグラの効果とは次のものを指します。
・勃起するようになる
・性行為中の勃起継続時間を伸ばす

この2点の効果を出すために、バイアクグラには有効成分シルデナフィルが入っているのです。この有効成分シルデナフィルは、勃起を弱めてしまうPDF-5の働きを弱める力があります。

このシルデナフィルは、もともと狭心症の薬に使われて、血管を広げる働きを持っていました。

そのため、血管の広がりから顔のほてりや赤らみなどの副作用があるのです。また脳の血管が広がることによる頭痛などの副作用もあることがあります。あまりにひどい頭痛が起きる際には、頭痛薬を併用するといいでしょう。

この副作用についても、バイアクグラのジェネリックは正規品と同じようなものがあります。

バイアクグラのジェネリックが安いのは開発費が1000分の1以下!

バイアクグラのジェネリックが安い理由は、バイアクグラをはじめに開発する場合に開発費に数百億円と十数年に及ぶ時間がかかりますが、ジェネリックは数千万円程度で開発するきおとができるからです。

具体的にどの程度、ジェネリックが安くなるのかある病院で販売されている価格を見ていきます。

正規品のバイアクグラ1錠50㎎が1500円であるのに対して、ジェネリックの各社の価格は次の通りです。
・陽進堂 900円
・キッセイ薬品 900円
・富士化学 900円

かかった開発費の差ほどは安くないですが、それでも十分にジェネリックの方が安くなっているのが分かります。

300円で購入できるバイアクグラのジェネリック!

300円で購入できるバイアクグラのジェネリック!

2017年7月に開いた六本木EDクリニックではキャンペーン期間中価格が300円でバイアクグラのジェネリックを購入できるのです。

キャンペーン期間を終えるとバイアクグラのジェネリック25㎎は、会員価格で450円で購入することが出来ます。ちなみにこのクリニックは診察料が無料なのも特徴です。

同じクリニックでファイザー社の正規のバイアクグラは50㎎1,400円で販売しています。

そしてこちらのクリニックでは、ED治療薬としてバイアクグラ以外にも、レビトラ・シアリスなどを扱っているのです。どのED治療薬がいいかについては、クリニックで相談するといいでしょう。

日本人の4人に1人が勃起不全に悩んでいると言われています。それだけ多くの人の勃起に関する悩みを解決できるのがバイアクグラであり、安価に購入できるのがバイアクグラのジェネリックです。

バイアクグラジェネリックの一覧!

バイアクグラジェネリックの一覧は次の通りになります。

【国内製バイアクグラのジェネリック】
・シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」 東和薬品株式会社
・シルデナフィル錠25mg/50mgVI「FCI」 富士化学工業株式会社
・シルデナフィル錠25mg/50mgVI「DK」 大興製薬株式会社
・シルデナフィル錠25mg/50mgVI「キッセイ」 キッセイ薬品工業株式会社
・シルデナフィル錠50mgVI「あすか」 あすか製薬株式会社
・シルデナフィル錠25mg/50mgVI「SN」 シオノケミカル株式会社

【海外製バイアクグラのジェネリック】
・カマグラ50mg/100mg アジャンタ・ファーマ社
・シラグラ100mg シプラ社
・カベルタ50mg/100mg サン・ファーマ社
・ビゴラ50mg/100mg ジャーマンレメディーズ社
・スハグラ50mg/100mg シプラ社
・ハードオン100mg アウロケム社

バイアクグラのジェネリックの国内製と海外製の薬を紹介しましたが、国内製のものは全て厚生労働省の認可を受けています。しかし海外製のものは全て未認可の薬となっているのです。

製薬会社4社の調査によれば、日本とタイで販売されているED治療薬3種(バイアクグラ、レビトラ、シアリス)をインターネットで購入すると55.4%が偽造薬でした。さらに日本国内だけでも43.6%が偽造薬となっています。

同じようにインドのジェネリックである「カマグラ」「カベルタ」という薬は、日本では未承認のものです。飲んで重篤な健康被害が出る恐れもあるので、通販により個人的に購入することはしないようにしましょう。

バイアクグラジェネリックを病院・通販で入手するメリットとデメリット!

バイアクグラジェネリックを病院・クリニックで入手するメリットは、以下のようになります。

・偽造薬を受け取るリスクが無い
・診察を受けて安心して飲むことができる
・万が一があった場合も対処してもらえる

一方でバイアクグラジェネリックを病院・クリニックで入手するデメリットは以下の通りです。
・通院をするという手間がかかる
・人目につくので恥ずかしい
・診察があることと薬の価格が高くなることがある

バイアクグラの副作用や併用してはいけない薬などもあるので、病院やクリニックで診察を受けて安心して服用するのがおすすめです。

バイアクグラのジェネリックを通販で購入する際のメリットは、以下の通りになります。

・価格が安く購入できる
・自宅で購入できるので楽で人目にさらされることもない

一方で通販でバイアクグラのジェネリックを購入する際のデメリットは以下の通りです。
・手に入るまで10日以上など時間がかかる
・偽造薬を購入するリスクがある
・健康に被害があっても補償されない

価格の安さから通販で購入する際には、偽造薬を手にする可能性があるのでおすすめできません。場合によっては、命を落とすこともあるので、しっかりと病院やクリニックで処方してもらうようにしましょう。

ED治療薬バイアクグラの飲み方

バイアクグラのジェネリックが効かない時は、飲み方が間違っている可能性が!

バイアクグラのジェネリックも正規品と同じようにしっかりとした効果があります。もしジェネリックを飲んでも効果が出ない場合には、飲み方に問題があるかもしれません。

バイアクグラは、性行為の1時間前くらいから飲むと効果が出ます。さらに食後にバイアクグラを服用すると効果がでません。食事に含まれる油脂が、腸内に膜を作ってしまい、バイアクグラの成分を吸収できなくなってしまいます。

バイアクグラの効果が出ない人のほとんどは、食後に飲んでしまっているのです。ですから、バイアクグラは空腹時に飲む用にしましょう。

まとめ

バイアクグラのジェネリックは病院やクリニックで購入する際には、3割〜半額程度まで正規品より安くなっていました。通販で購入する際も、半額〜6割程度の価格で購入できるのです。

バイアクグラのジェネリックは、調査の結果、正規品とほとんど変わらない効果があることが分かっています。

また通販で購入する際は、偽造薬を手にしないようにする必要があるのです。おすすめとしてはしっかりとした診断を受けることができる病院やクリニックで処方してもらうことになります。

バイアクグラのジェネリックをうまく使って、安い価格でバイアクグラを手に入れて、快適な性生活を送って下さい。

LINEで送る
Pocket

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(まだ評価されていません)
読み込み中...
5段階評価になります。
著者プロフィール写真

松下純 医療コンサルタント

著者プロフィール

新宿で泌尿器科専門のクリニックを運営している松下純です!一般的に泌尿器科というと、「人に知られたくない…」「受診するのが恥ずかしい…」と抵抗を持っておられる方が多いと思いますが、そういったイメージを少しでも払拭できるように、様々な情報を発信していきたいと思います!

« »

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。